トップページ

オウンドメディアリクルーティング実践度診断

オウンドメディア
リクルーティング
実践度診断

オウンドメディアリクルーティング実践度診断

この「オウンドメディアリクルーティング実践度診断」では、オウンドメディアを効果的に活用し、主体的にメッセージを発信する採用手法「オウンドメディアリクルーティング」の実践レベルを、5つのテーマからなる15の設問に答えていくだけで簡単にチェックすることができます。
診断結果にはオウンドメディアリクルーティングをさらに実践していくためのTipsもご用意しています。まずは自社では何ができていて、何ができていないのかを確認してみてください。

診断を始める

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

あなたの業種は?

次へ

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
1

オウンドメディアリクルーティング戦略観点

1 / 15

業界における自社の優位性やポジショニングが整理できているか?

次へ

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
2

オウンドメディアリクルーティング戦略観点

2 / 15

求職者に伝えるべき自社の強みが整理できているか?

次へ

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
3

オウンドメディアリクルーティング戦略観点

3 / 15

求める人材像をペルソナとして設定できているか?

次へ

※ペルソナ
ある架空の人物を理想的な従業員または特定の職務の候補者と仮定して、その人材像を文章化したもの。

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
4

ジョブディスクリプション観点

4 / 15

求める人材像(ペルソナ)が興味を持ちやすいキーワード・検索しやすいキーワードをジョブディスクリプションに含めているか?

次へ

※ ジョブディスクリプション
「職務記述書」のことで、「仕事の役割」と、「必要な能力」を見える化したもの。

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
5

ジョブディスクリプション観点

5 / 15

どのようなミッションを持った組織(部署・チーム)に配属されるのかをジョブディスクリプションに明記しているか?

次へ

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
6

ジョブディスクリプション観点

6 / 15

自社の状況と照らし合わせ、定期的にジョブディスクリプションの内容を更新しているか?

次へ

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
7

シェアードバリューコンテンツ観点

7 / 15

企業の代表メッセージを伝えられているか?

次へ

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
8

シェアードバリューコンテンツ観点

8 / 15

企業文化として大切にしていることを言語化できているか?

次へ

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
9

シェアードバリューコンテンツ観点

9 / 15

新卒・中途別や役職・部署別など、さまざまなレイヤーの社員の声をコンテンツ化できているか?

次へ

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
10

採用サイト観点

10 / 15

求職者が求めている情報を優先した採用サイト設計ができているか?

次へ

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
11

採用サイト観点

11 / 15

採用サイト内のどこからでもエントリーできるように設計できているか?

次へ

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
12

採用サイト観点

12 / 15

採用サイト内をスムーズに移動できるように設計できているか?

次へ

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
13

その他

13 / 15

求職者に対して、ソーシャルメディアやブログメディアなどの複数のタッチポイントを用意できているか?

次へ

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
14

その他

14 / 15

各チャネルの特性を理解して情報発信が行えているか?

次へ

※ チャネルの一例
自社採用サイト、ソーシャルメディア、ブログメディア、外部採用サービス(Indeedなど)

オウンドメディアリクルーティング
実践度診断

Q
15

その他

15 / 15

求職者だけでなく、社内メンバーにも情報発信できているか?

診断結果へ

Owned Media Recruitingとは? Owned Media Recruitingとは?

近年、求職者における選職リテラシーの急激な進化や「働き方」に関する価値観の多様化により、企業は求める人材の獲得がより難しくなっています。企業には、このような求職者の変化を理解し、それに対応した採用活動を行う必要が出てきました。
そのために今注目されているのが、企業が求職者に対して主体的にメッセージを発信する「オウンドメディアリクルーティング」という採用手法です。